【金】安全資産としての金の争奪戦 【原油】原油急落の理由

TOCOM SQUARE TV

令和元年8月13日(火)のTOCOMスクエアTVは、
トーキョートレーダーズタイムズの小針秀夫さんが
最近の動きと、金と原油について今週の展望と注目ポイントを、
独自の視点で徹底的に解説します。

 

【CX】金価格が40年ぶりの高値を更新

  • 8月8日の国内大手地金商が日々提示している金の税込小売価格が5572円をつけた。年初来高値を更新しただけでなく、1980年2月以来、実に40年ぶりの高値をつけた。
  • 東京商品取引所の東京金先物相場も最近の大幅続伸から8月8日に一時5128円をつけた。5000円を突破したのは2013年以来だが、この年の高値を上抜き、取引が開始されて以来最も高値(上場来高値)をつけた。
  • 国際指標であるNY金は8月7日に一時1522ドルまで上げ、心理的な抵抗となっていた1500ドルを突破した。
  • 金相場の躍進が目立つ中、米国と中国の貿易戦争が一段と激化していること、あるいは欧州では英国のブレクジット問題などもあり、世界的に景気に対する先行き不安が広がっている。
  • このため、産業素材、エネルギーなどのコモディティは軟調なトレンドを強いられている。

 

 

 

【金】安全資産としての金の争奪戦
~40年ぶりの高値をつけた金価格

  • 安全資産として見直される金~米金融政策と株価に対する不安の裏返し
  • 地政学的リスクの高まりが金志向に~不安定さを増す世界情勢とゴールド
  • 密やかに進行する世界的な金争奪戦~金は限られた価値ある資産

 

 


 

【原油】原油急落の理由
~なぜ原油は7カ月ぶりの安値となったのか

  • NY原油の日足はヘッド&ショルダー~直近安値を割り込み7カ月の安値
  • 下方修正される世界の原油消費~IEAは消費予測を10万b/d引き下げ
  • 米中貿易戦争の激化への懸念~秒読み段階に入った関税引き上げ

 

 

 
【出演者】

  • コメンテーター:小針秀夫(トーキョートレーダーズタイムズ代表)
  • キャスター:山本郁

 

【資料のダウンロードができます】

パソコンの場合は動画を再生中に視聴者がプレーヤーにカーソルを合わせたとき、

 

モバイルの場合は(仕様上YouTubeアプリのみ)プレーヤーコントロールが表示されているときに、動画の右上にカードアイコンが表示されます。

 

アイコンをクリックすると、セミナー資料のダウンロードリンクが右横(モバイル端末を縦向きにしている場合は動画プレーヤーの下)に表示されます。

 

関連記事