【金】トルコ通貨安で、金貨販売が急増!【原油】9月原油需給は一時的にタイトも一過性に

TOCOM SQUARE TV

令和元年10月21日(月)のTOCOMスクエアTVは、
コモディティーインテリジェンス代表の近藤雅世さんが
最近の動きと、金と原油について今週の展望と注目ポイントを、
独自の視点で徹底的に解説します。

 

【CX】最高値を更新するパラジウム相場の背景

  • 過去5年の価格
  • 今年初めを100とした株価指数と為替指数
  • ファンドの動き
  • NY金の取組高もネット買い残も過去最大から減少している

 

 

 

【金】トルコ通貨安で、金貨販売が急増!

  • インドの金需要低迷中『インドで金の国内価格が国際価格に比べて安くできる理由』
  • インドの金需要は9月も未だ回復していない。
  • 韓国の金需要低迷中『輸出減・半導体需要減・韓国ウォン安に悩む韓国の金需要』
  • 韓国では経済成長が鈍化して、工業用も宝飾用も金需要が減退している。
  • 『通貨安のトルコでは、金貨の販売が急増・企業の倒産リスクを背負う銀行の信用を金保有で支えている』
  • トルコでは、銀行が不良債権を抱え、銀行の資金の流動性を保つために金を使って様々な手が打たれている。
  • 金価格上昇により世界の金需要はETFの購入と政府保有金の増加以外は需要が減退している。
  • 金価格は天井圏にあるように思われる。

 

 

 

【原油】9月原油需給は一時的にタイトも一過性に

  • OPECによるOil Market Report 10月号『9月の世界の原油需給は一時的にタイトになったが一過性と思われる』
  • OPECのOil Market Report 10月号によれば、サウジアラビアに対する無人機の攻撃により一時的に需給はタイトになったが、破壊された生産設備は直ちに回復されたので、需給は引き続き緩和している。
  • OPEC諸国は原油価格が下落することを阻止するために12月のOPEC+の総会で、3月までとしている減産枠を更に延長しようとしている。
  • これがうまくいくかどうかが、今後の原油価格の焦点になる。
  • 新たな地政学的リスクが生じない限り、原油需給は緩和傾向にあるため原油価格は横ばいが続くだろう。
  • 今週の予定

 

 

【出演者】

  • コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
  • キャスター:山本郁

 

【資料のダウンロードができます】

パソコンの場合は動画を再生中に視聴者がプレーヤーにカーソルを合わせたとき、

 

モバイルの場合は(仕様上YouTubeアプリのみ)プレーヤーコントロールが表示されているときに、動画の右上にカードアイコンが表示されます。

 

アイコンをクリックすると、セミナー資料のダウンロードリンクが右横(モバイル端末を縦向きにしている場合は動画プレーヤーの下)に表示されます。

 

関連記事
  • 【金】トルコ通貨安で、金貨販売が急増!【原油】9月原油需給は一時的にタイトも一過性に