【金】インドネシア金宝飾品輸出が減退!【原油】原油価格弱含みか~EIAが予想を下方修正

TOCOM SQUARE TV

令和元年11月5日(火)のTOCOMスクエアTVは、
コモディティーインテリジェンス代表の近藤雅世さんが
最近の動きと、金と原油について今週の展望と注目ポイントを、
独自の視点で徹底的に解説します。

 

【CX】NY金とFOMC・雇用統計の相関

  • 過去5年の商品・株式・為替の価格
  • FOMCの利下げと金・ドル・株価
  • 雇用統計と金価格
  • ファンドの建玉

 

 

 

【金】インドネシア金需要~金宝飾品輸出が減退!

  • インドネシアの金需要・金宝飾品輸出減退
  • インドネシアの金の需要はインドやトルコ、中国同様、金価格上昇により、落ち込んでいる。
  • 米国のネバダ州は全米の金の生産量の65%、世界の5%を占めている。

【銀】

  • 2050年までのエネルギー需要の変化により、再生エネルギー、中でも太陽光発電が非OECD諸国を中心に一番伸びる。そうなると銀の需要は2050年に現在の2倍になるとGFMSは予想。

 

 

 

【原油】原油価格弱含みか~EIA今年と来年の価格予想を下方修正

  • 米国の原油価格は雇用統計の結果を見て上昇。
  • 米国の石油週報では原油在庫が増加したが、ガソリン・留出油在庫は減少
  • Short Term Energy OutlookでEIAは今年と来年の価格予想を下方修正
  • EIAの9月の短期需給予測では少し在庫は積み上がると予想していたが、第3四半期の世界の石油在庫は、サウジアラビアに対する無人機の襲撃により日量▲90万バレル減少したと見ている。
  • 2020年については、世界の原油在庫は非OPEC諸国の増産が需要を上回るため、日量平均+30万バレル増加すると見ている。上半期の世界の石油在庫は日量+50万バレル増加すると見ている。そのため原油価格は弱含みとなるだろう。
  • EIAはブレント原油価格は2019年第4四半期に平均59ドル、2020年第2四半期に57ドル、下半期は62ドル、2020年平均では60ドルと、9月の予測より▲2ドル下方修正している。
  • 非OECDアジア諸国の天然ガス需要は2050年までに倍増し、地域の天然ガス生産量の伸びを凌駕する。
  • 今週の予定

 

 

【出演者】

  • コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
  • キャスター:山本郁

 

【資料のダウンロードができます】

パソコンの場合は動画を再生中に視聴者がプレーヤーにカーソルを合わせたとき、

 

モバイルの場合は(仕様上YouTubeアプリのみ)プレーヤーコントロールが表示されているときに、動画の右上にカードアイコンが表示されます。

 

アイコンをクリックすると、セミナー資料のダウンロードリンクが右横(モバイル端末を縦向きにしている場合は動画プレーヤーの下)に表示されます。

 

関連記事
  • 【金】インドネシア金宝飾品輸出が減退!【原油】原油価格弱含みか~EIAが予想を下方修正